認知症を予防する為に家族が出来る事

認知症を予防する為に家族が出来る事

家族にできる認知症予防の方法について

認知症を予防するためには家族のサポートが欠かせません。家族がしっかりと認知症の患者と向き合うことにより病気が悪化するリスクを防ぐことができます。なぜ認知症になるのかというメカニズムや、どうすることにより悪化を防げるのかという方法を頭でしっかり理解し、サポートすることにより負担をかなり軽減することができます。どのようにして治療すべきなのかを頭に入れて行動にうつせるようにしっかりと理解をしていきましょう。認知症を防ぐためには生活習慣を改めることが1番大切です。ご飯をしっかり食べるということや、睡眠をしっかりとるということなど当たり前のことを毎日積み重ねていくことにより脳を若々しく保つことができます。

脳が若々しく健康であれば病気になるリスクをかなり低くなります。健康的な体を手に入れることによって脳への血流も良くなるのでまずは健康的な体作りを意識して毎日を過ごすようにしましょう。生活習慣を改めるためにしなければならない事は、きちんと朝起きて夜はできるだけ早く寝ると言うことです。早寝早起きを徹底することにより生活のリズムを作られていきます。生活のリズムをきちんと整えれば活動的になり運動や趣味の時間を作ることができます。そうすることによりストレスを軽減し、好奇心を保ったまま毎日を過ごせるようになります。毎日軽い運動するだけで体を健康にすることができ、1日のスタートを気持ちよく始めることができるでしょう。

朝起きたら軽いウォーキングかランニングを行うようにすれば体調が良くなり数カ月後には健康を実感することができるでしょう。それにより脳は若々しくとも取れるのでボケ防止にはかなり効果があります。また、食事をしっかりと取ることも大切です。食事は魚や野菜を中心にし油分の多いものをできるだけ避けるように意識しましょう。

野菜は脳を若返らせる効果があると言われています。できるだけ多く野菜を食べることにより体も健康的になりますし、脳も健康の状態でいることができます。脂っこい食事や糖分の多い食べ物は体に負担となります。なのでできるだけ控えるようにして、体への負担をできるだけ少なく毎日を乗り切るようにすると良いでしょう。ストレスは体にも脳にも良くないので、あまり無理をしないことも大切です。無理をして脂っこい食事やお菓子などを食べないようにするとストレスがかかってしまい、逆に体への負担となります。そうなってしまうと結局逆効果になるので無理はしないように気をつけましょう。

ある程度魚や野菜などを食べれば健康的な体調を保つことができるので、食べ過ぎない程度であれば脂っこいものやお菓子を食べても大丈夫です。また、いきなり食生活を変えてしまうと体調を崩してしまう可能性があるので、少しずつ食生活を変えていくようにしましょう。生活のリズムは1日で変えられるものではないので徐々に献立や食事の量などに変化を与えて過度な負担がかからないように気をつけましょう。 3食きちんと食べることも生活リズムを整えるためには必要なことです。

 

認知症予防には一日の積み重ねが大切

認知症を予防するためには、日々の生活を見直していくことがとても重要です。1日をどうやって過ごしているかということをまずは上などに書いて見直すようにしましょう。生活のリズムは自分で思っているよりも無意識に行っています。なので、改善しようと言うことをきちんと意識していないとなかなか改善できるものではありません。1人でなんとかしようとせず周りの人たちにサポートを求めることもとても大切です。1人で改善することをかなり難しいので、周りのサポートをお願いすることから始めてみるのも良いでしょう。

人とコミュニケーションを取るということものには非常に良いことです。コミュニケーションを取るには脳の様々な部分を使うことになるので、脳のトレーニングとしても非常に効果的です。なので、いろんな人と関わっていくことにより脳を活性化させ若々しい状態を保つことができるようになります。また、楽しく人と会話することにより脳が若返るので楽しいことをできるだけ多くするということも大切です。趣味がある人は趣味の時間をたくさん作るとよいでしょう。映画や美術など趣味として楽しめる事柄はたくさんあるので若いうちに自分が楽しめるもの見つけておくということも大事になってきます。

自分の好きなことをしているときは脳が活性化されているので、そのような時間をたくさん過ごせば脳だけでなく体にも良いでしょう。また、脳が活性化されるように指先を使うテレビゲームをすることも効果的です。普段はあまりしないことや難しいこと等を積極的に行うと脳が活性化されるので、できるだけ様々なことを行うようにしましょう。睡眠をしっかりとることも大切です。運動や食事をしっかりと健康的に行っていたとしても、睡眠をしっかりとってとっていなければ意味がないのでバランスを考えて毎日を過ごすようにしましょう。睡眠を取ることによってストレスの緩和や日々のエネルギーの補給になるので、できるだけ多く睡眠を取るように心がけると体を健康に保てます。

このように、脳を活性化させるためにはリズムを整えるということがとても大切です。それができなければ体がどんどん衰えてしまいます。そうすることにより血行が悪くなり認知症のリスクも増えてしまうので、若いうちから計画的に生活のリズムを整えていくようにしましょう。自分の趣味などできるだけ多く見つけておくと、時間を有意義に使えますし、老後も何をすれば良いのか迷う必要がなく楽しい毎日を送れるので、楽しめることが多ければ多いほど良いです。

自分で食事が作れないのであれば、食事面でサポートしてもらうことも大切です。また、自分自身で料理が出来るように今から練習をしておくことも必要です。自分で栄養管理ができて食事の献立なども決められればより体のことを考えて生活を送ることができます。まずは今の生活リズムについて紙などに書き出し確認してみることから始めましょう。必要であればスケジュールなども立てて、計画的に毎日を過ごせるように工夫するとより効果的です。